冨山陽平のブログ🤗

中央大学で国文学を学んでおります。ゆる~~く続けていくつもりです。暇な時に見てくださいな

キングコングが熱い!

ギターの練習を独学で始めた冨山です。

Gのコードがどうしてもひけません。

 

さて、もう何度も何度もこのブログに登場しているキングコングさんですが、

本日22時にこのような動画が毎週キングコングというYouTubeチャンネルから出ました。

 


【コンビ結成20年】キングコングがガチで歌ってみた!

 

西野さんの映画「えんとつ町のプペル」のPVです。

6分ちょいくらいの動画なんですがぜひ見てほしい。

 

「ひな壇やめます」発言とか「えんとつ町のプペル分業制」とか「絵本無料公開」とかで数年前に同業者どころか日本中から魔女狩りにあっていた西野さん。

2018年10月にYouTuberカジサックとしてデビューしてこれまた大バッシングを食らっていた梶原さん。

 

二人の姿に歌詞がちょうど重なって。ほんとに最高なんです。

 

挑戦しない人の中には「挑戦しない自分」を正当化するために、挑戦する人を徹底的にたたく人がいる。その挑戦がうまくいってしまったら劣等感を感じてしまうから。

でもそんなバッシングは必ずはねかえせるから、上をむいて挑戦し続けて。

 

っていうすごくシンプルなんだけど重たいメッセージを歌詞の一つ一つに感じるんです。

 

時代をひっくり返したお二方だからこそ届くメッセージ。めちゃくちゃ感動します。

やっぱり周りからバッシング食らうくらいの挑戦できる人ってかっこいいなぁ。。。って思います。

 

そして、このPVの舞台になっている場所はキングコングのコンビ結成の地。

西野さんの故郷兵庫県川西市です。そこから見える夜景もまためちゃくちゃきれいで。

f:id:yohei259:20200416004820p:image

 

20年の時を経て絵本作家とYouTuberになった二人が同じ場所に集まるというのは、感慨深いものがあります(誰)

 

ほんでもってシンプルに梶原さんの声がいい!!笑

何回聞いても聞き足りません。

 

月並みな感想で申し訳ないのですがぜひ動画みてほしい。

 

 

最後にえんとつ町のプペルの歌詞をちょっとだけ抜粋。

夢を持てば笑われて 声を上げれば叩かれる

見上げることができない町で ボクはどうだ?

輝く星が煙に飲まれて 明日が見えなくても

ゆこう 嵐の海を越えて光の世界へ

もう聞こえているんだろう?

勇気の産声を

 

 


【コンビ結成20年】キングコングがガチで歌ってみた!

 

f:id:yohei259:20200416004812p:image

音源も買っちまった…笑