冨山陽平のブログ🤗

中央大学で国文学を学んでおります。ゆる~~く続けていくつもりです。暇な時に見てくださいな

経済的自立って大切

昨日の記事が途中から後輩全部消えちゃって萎えてます。最近更新押してもうまく更新できてません😅

 

さて、先日友達と一緒に勉強していたのですが、その友達から話が。

 

友「俺の親の束縛すごいんだよね。。位置情報は常にオンにしてないといけないし、夜帰宅が遅くなったら『早く帰れ』ってすぐ連絡来る。せっかく一人暮らし大学生で自由な身になったのに…」

 

俺「えぇ!それはすごいね😅 連絡無視するのはダメなの?」

 

友「親の管理下にあることを忘れない!!ってうるさいんだよね…」

 

俺「LINEブロックしちゃえば?」

 

友「仕送りとか授業料払ってもらったりとか、いろいろしてもらってるからそういうわけにはいかないよ…」

 

友「社会人になったらそうしたいけどね」

 

 

こんな話がありました。

 

この話通して「経済的自立って大切だな」って思いました。

 

この友達も親の支配下から逃れたいと思ってるんだけど、経済的に自立できてない(親の仕送りで暮らしてる)ので親に対して強く出れない。

 

極めて不利な状態で議論しているわけですね。

 

自分が経済的に自立して

「仕送りなくても暮らしていけるよ」というレベルにならないと、健全な交渉はできないなぁと思いました。

 

「そんな支配するのやめて!」と言ったところで「仕送りやめるよ」と言われたら生きていけないので。

 

これを抽象化すると

「自分の拠点が一つだと苦しい」ってことが言えそうです。

 

将来どっかの会社勤めたときに、その会社から以外の収入で生活できるくらいは持っていないとですね。

 

その会社と交渉するときに「じゃあクビにする」と言われたらおしまいになっちゃうので。

 

自分の居場所をいろんなところに作っておくのが大切かもしれません。