冨山陽平のブログ🤗

中央大学で国文学を学んでおります。ゆる~~く続けていくつもりです。暇な時に見てくださいな

優しさとは

「土曜日誕生日会しよう!」って誘ったけど当日になっても返信が来ないし、

「相談があるんだけど…」って言われたから「どうした?」って返したら3ヶ月未読無視された冨山です。

可哀想な男です。

人望がありません。

 

 

さて、先日母校の練習に参加した際に男子には言った話ですが、とてもとても大切な話です。

 

後輩のみなさんは心して聞いてください。

 

皆さんのプレーを観ていると優しくないなぁと感じるシーンがしばしばあります。

 

ここでいう優しさとは「他者目線を持ててるかどうか」ということです。

 

例えば、ゴールキーパーからのパスもただ出すのではなく、「あいつはどこにパスを出されたら1番嬉しいかな」と考えてパスできているか。

 

誰かが一対一仕掛けたときも自分がどこにポジションを取れば仲間からボールを貰いやすいのかと考えて動けているか。なんとなく自分の楽な場所にいるのではないか。

 

仲間がパスの出しどころに困ってるときに自分から率先して貰いに行って、困ってる仲間を助けることができるか。

ということです。

 

 

これらはいずれも技術ではありません。

他者目線を持てているか。つまり相手のことを思いやってプレーできているのか。という話です。

 

 

優しさとは他者目線を持っているかどうかです。

仲間のことを思いやる能力と言い換えてもいいでしょう。

 

優しい人と優しくない人とではそりゃ優しい人がいいのに決まっています。

 

きっとそんなにおかしなことは言ってないと思います。

 

その上で自分の胸に手を当てて自分のプレーを振り返ってみてください。

 

本当に自分は優しいプレーができていたと胸を張って言えますか?

 

仲間のことを思いやってプレーできていたと声を大にして言えますか?

 

疲れたから。知らないから。と言って考えることを。相手のことを慮ることを放棄してはいませんか?

 

考えてみてください。

 

優しさとは相手のことを思いやる心のことです。

 

自分が何をしたら相手が喜んでくれるのかなと考えて行動することです。

 

優しい選手。優しいチームになりましょう。

 

そのために相手のために自分が何をできるかということを常に考えて動くことがとてもとてもとても大切です。

 

 

 

 

 

 

あ、そうそう。

そういえば僕はバイトの仕事で学校の校門前でホッカイロを配布しております。

 

f:id:yohei259:20200203091303j:image

 

 

そこでだ。

皆さんには2つの選択肢があるわけです。

 

 

  1. カイロなんかいらないからスルーする
  2. 冨山が頑張ってるなら。。とカイロを受け取る

 

 

どちらを選ぶかは皆さんの自由です。

 

 

 

 

 

ただこれだけは言っとくぞ!!

 

 

 

 

 

優しさとは相手のことを思いやることだぞ!

自分が何をしたら相手が喜ぶか考えて動くことだぞ!

 

みなさんは先程優しい人間になりたいと一瞬でも思ったはずです。

 

優しくなれるチャンスが目の前に転がってるこの状況なかなか無いですよ。

 

どちらの選択をして頂いても構いません。

が!

自分がより良い自分に。より優しい自分になれる選択をしましょう。

 

どちらの選択をしたら優しい自分になれるのか、考えてみてください。

 

 

優しさとは自分が何をしたら相手が喜ぶか考えて行動することだ!!

 

明日も校門前配布だ。

 

たのむぞ!!

信じてるぞ!

信じてるからな!!