冨山陽平のブログ🤗

中央大学で国文学を学んでおります。ゆる~~く続けていくつもりです。暇な時に見てくださいな

山形いってきた!!!【西野亮廣講演会】

山形の町を一望できる展望台から見える夜景が超ロマンチックで、プロポーズするなら夜景スポットがいいと思った冨山です。

彼女ください。

f:id:yohei259:20200125230547j:image

 

さて、今日は昨日も申し上げた通り西野亮廣講演会in山形でした!

 

f:id:yohei259:20200125230705j:image

 

今回の講演会のテーマは「お金と広告」について。

挑戦する上で必ずぶつかる問題は「お金と広告」の問題です。そこを解決しないと物理的に挑戦を辞めさせられてしまう。

例えばケーキ屋さんをやろうと挑戦しても、そのケーキが売れなくて家賃が払えなくなったらどれだけケーキ屋さん続けたくてもゲームセット。ということですね。

 

挑戦する上で必ずぶつかるこの問題について教えずに「挑戦やれやれ」言っちゃうのは無責任だなと思うので、今日は『お金と広告』について話します。

 

という西野さんの言葉から講演会スタート!!

たしかに挑戦する上で「お金と広告」という問題はずっとついて回るから解き続けなければいけない問題ですよね。

 

 

競争に参加した時点で負けてる

 

さんま御殿で結果を出し続ければさんまさんが勝つし、すべらない話で結果を出せば松本人志さんが勝つ。

 

つまり、その競争に参加した時点でそのレールを作った人の背中を押してる作業である。ということです。

ここで結果を出し続けてる間は結果を出せば出すほどさんまさんや松本人志さんにポイントが入って、絶対にさんまさんや松本人志さんに勝つことはないってこと。

 

なるほど。

なんか正々堂々と戦え!っていうのが美学な気がしますが、言われてみれば「なんでこっちがお前の土俵で戦わなきゃいかんのだ」っていう話ですもんね。

 

ファミコンに勝ちたかったらファミコンのソフトを作り続けるんじゃダメで、ファミコンに勝ちたいならプレステを作るしかないってこと!

 

僕の生活に転用するならコーチやるときもただ技術やメンタル教えるだけじゃダメで全然違う角度からいかないと希少価値になれないってことですね。

技術やメンタルコーチは顧問の先生がいるので。しかも経験豊富な。

 

 

そこの競争に参加するんじゃなくてもっと全然違うところから。

例えばこのブログで練習状況とかもっと宣伝していくとか。

拓一ハンド部入りたいなって新入生が思ったときにこのブログを見て入部を決められるように。

 

みたいな他の人とは違う角度から攻める、貢献することが大切なんですね!

 

 

「レストラン型」のエンタメから「BBQ型のエンタメ」へ

 

エンタメには2種類あります。「レストラン型のエンタメ」と「BBQ型のエンタメ」です。

 

レストラン型…シェフが作ってお客さんに提供するという一方通行のエンタメ

BBQ型…お客さんが作り手となってお客さんと一緒に作り上げていく双方向のエンタメ

 

この2種類。

現代ではレストラン型→BBQ型に移行していて、勝ち残れるエンタメは全部BBQ型なんだとか。

 

例えばホリエモンさんのお店なんかでは厨房がスペースの8割占めてる。客席は2割ほどしかスペースない。

じゃあお客さんどうするかっていうと、もう厨房に入っちゃう。なんなら一緒に肉焼いちゃう。

 

お金払って働くっていう状態。

完全にBBQ型のエンタメですよね。

連日大盛況なんだとか。 

SNSが発達してお客さんみんな発信したがってるから、受け手のときより作り手の方が情報発信したとき「すげぇ!」ってなりますもんね。

 

ディズニーランドで遊んでます!っていう投稿よりも、

ディズニーランド作ってます!!っていう投稿のほうがいいねもらえそうだもん。

 

日本ハンドボールも試合見せるだけじゃなくてその前後で選手とハンドボールできる券みたいのを販売して、お客さんも一緒にハンドボール体験できるっていうのやればいいんじゃね?

 

複業、転職を拒むと死ぬ!!

 

転職や兼業に日本人はアレルギー反応示しがちです。

「お前は何屋だ?」という肩書を求めがちで、「一つに専念しろ!!」と言われがちです。

 

でもこれからの時代は複業や転業に理解を示さないと死んでしまいますよと西野さんは言います。

 

1980年代の会社の寿命は30年以上あった。

だからたしかにここだけに専念する!!という生き方でも終身雇用が約束されてたから可能だった。

でも2019年で会社の寿命は23年に縮まったらしいです。

 

ということはつまり、定年のうちに2〜3回は転職しないといけない時代が僕たちの時代ということです。

 

親世代とは生きてる時代が違うので、当然道徳や価値観、常識も大きく変わってきます。

職業を掛け持つということをカジュアルに捉えておかないと食いっぱぐれるのは間違いありません。

 

芸能界でも又吉直樹×小説 渡辺直美×インスタグラマー、西野亮廣×絵本 と様々な複業(兼業)家が活躍しています。

 

そういう時代なんですね。 一つのことに専念してきたイチローさんも尊いんだけど、いろいろなジャンルに手を出す人が勝つ時代。。。

 

一世代ニ世代上の常識からは考えられないことかもしれません。

自分より若い世代に自分の時代の常識を押し付けたらダメですね。。

 

僕はまだ若い世代ですが、10年後、20年後で年下の世代ができたときに肝に銘じて生きていきます。。

 

老害にはなりたくない笑

 

 

山形はラーメンが有名なんだって!消費量日本一らしい!! 山形人は1日3食ラーメンっていうのもよくあるらしいよ!山形出身の友達が教えてくれた!

太りそう(笑)

 

f:id:yohei259:20200126125330j:imagef:id:yohei259:20200126125238j:imagef:id:yohei259:20200126125244j:image

 

たしかにおいしかった!!

また山形来たいな〜〜😊