冨山陽平のブログ🤗

中央大学で国文学を学んでおります。ゆる~~く続けていくつもりです。暇な時に見てくださいな

英語の勉強法 前編

今回は受験シリーズ!

教科別勉強法の英語編です!

 

もちろん今回も僕の失敗談なども織り交ぜていきますので、

 

 

僕の勉強法のいいところはまねしてもらって、

ダメなところは同じ失敗を繰り返さないように反面教師として捉えていただけたら。と思います。

 

 

 

 

英語の勉強の考えかた

 

 

f:id:yohei259:20190415203209p:image

 

 

英語の勉強の目的って大体の学校が、長文を読めるようにすることだと思います。

 

 

 

 

 

でも僕は長文なんてとてもよめるだけの英語力はなかった。

(塾で最初に受けさせられた長文のテストは英検三級の文章でしたが全然さっぱり・・・という感じでした)

 

 

 

 

 

 

そこで長文を読むことを最終ゴールとして逆算して考えました。

 

 

 

 

 

長文を読みたい

  ↓

一文が読めないといけない

  ↓

必要な文法・単語を覚えないといけない

  ↓

単語・文法をまず徹底してやろう!!

 

 

 

 

 

という発想で、長文はおいといて単語・文法に最初の3か月は全力を注ぎました。

 

 

 

ですから長文はやりはじめたの6月の末とかだった気がする。

そのころから学校の先生には

 

「一日一題長文は必ず読めよ!」

 

 

 

と言われていたんですが、

 

 

 

長文を解けるだけの実力がついていなかった自分は学校の先生のアドバイスをすべて無視(笑)

 

 

 

そのくらい英語ができなかった僕はこのやり方は正しかったなと思います。

 

 

 

 

もし周りに流されて自分は理解できない長文をやっていたらどうなってたことか・・

 

 

 

 

 

ある程度の英語力のある子なら長文ガンガン解いていったほうがいいと思いますが、

 

そうじゃないならまずは単語と文法コツコツやっていったほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

単語の勉強法

 

 

 

 

僕は単語は一日100個覚えていました。

 

 

これやり始めたときは衝撃的でしたね笑

 

 

 

 

一週間で30個覚えるのも大変だった僕が本当に一日で100個も覚えられるのかと・・・

 

 

 

 

でもこれいけちゃうんですよ。意外と。

 

 

 

 

 

 

その方法は、100個を

10個×10セットに小分けにして覚える。

 

というやり方。

 

 

 

 

一気に100個覚えようと思うととてもやってられないですが、

10個ならいけそうじゃないですか?

 

 

 

 

 

 

その10個を10回繰り返せば100個覚えたことになります。

 

 

 

 

 

 

 

どうですか?

 

 

 

 

考え方次第で単語100個のハードルも一気に下がりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

これだけでも単語が一気に覚えやすくなるんですが

 

もう一つ技術的なことを言うと、

 

 

 

 

 

 

 

間違えたところにをつける

というやり方があります。

 

 

1~10の10個覚えようとしたときに

 

1 ⭕️

2 ⭕️

3 

4 

5 ✖

6 ✖

7 ⭕️

8 ✖

9 ✖

10✖

 

 

という結果だとします。

 

 

 

こうなったときに○だった1,2,7番の単語はいったんおいといて

 

 

 

✖になってしまった残りの単語を徹底して覚えなおします。

 

 

 

 

 

そして✖が0個になったらもう一度1~10の単語をテストしてみます。

 

 

 

 

 

そしたらさっき○にしたはずでもまた何個か間違えると思います。

 

 

 

 

また✖になってしまったところを覚えなおして・・・というのを10個完璧にするまで覚えなおします。

 

 

 

 

それをひたすら繰り返していくだけです。

 

 

 

 

 

50個、100個覚えたタイミングで総復習挟むといいでしょう。

 

 

 

 

 

これやるだけで単語の覚え方はかなり効率上がると思いますよ。

 

 

 

まだ試してないという人はぜひ試してみてください。

 

 

 

 

 

目安時間としては60~90分で単語100個といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文法について

 

 

文法のほうは単語と同じように間違えたところを✖つけて・・というのを繰り返して全問正解できることを目指します。

 

 

 

 

このときに意識してほしいのが解説の知識を暗記するだけじゃなくて、

 

 

 

 

問題を見ただけで解説が頭に浮かぶようにする

 

 

ということです。

 

 

 

 

当然の話ですがテスト本番に解説は書いてありません。

 

 

 

問題文、選択肢をみただけで

「あの範囲のあの知識を聞いてるな」とわかる状態までやりこんでください。

 

 

 

 

 

 

単語と文法の勉強失敗談

 

 

 

 

単語と文法の勉強で僕が実際に陥った失敗談をお話しします。

 

 

 

それは、

  • 単語を順番で覚えてしまう
  • 文法は選択肢の番号で覚えてしまう。

 

 

という事態に直面しました。

 

 

これはある程度勉強進んだ子なら大体誰でも陥っちゃう罠なんじゃないかなと僕は思います。

 

 

 

 

武田塾だとテストがだせるので僕はこの悩みもすぐ解決できたんですが、

 

 

 

 

そうじゃない人は参考書のテストが出せないので、

友達と問題を出し合うっていう方法がおすすめです。

 

 

 

 

友達と問題出し合えば完全ランダムで出題できると思いますし、緊張感出てきて覚えなきゃってなると思いますから一石二鳥だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文法は何周もしてると番号で覚えちゃうのは仕方ないところがあると思います。

 

 

 

 

 

だから番号答えた後にちゃんとその番号を選んだ理由を言えるようにしましょう。

 

 

 

 

間違えの選択肢の間違ってる理由も言えたほうがいいかということに関しては、そこまでしなくてもいいのかなって気がする…

 

 

 

 

 

理由としてはちゃんと誤りの選択肢も考えられてる参考書ならいいけど、

大体文法の参考書って正解の選択肢以外は完全にでたらめだったりします。

 

 

 

 

なので誤りの選択肢の違う理由まで考えるのはオーバーワークじゃね?って思いますね。

 

 

 

 

それなら正解の選択肢がなぜ正解なのかを何周もして覚えましょう。

 

 

 

 

それだけで結構大変なはず。

まずはあれこれ細かいところに手を出すんじゃなくて一番肝心なことを覚えてからのほうが点数つながりますよ。

 

 

 

 

 

結構長くなってきたので英語の勉強は2つに分けようと思います。

後半は長文の勉強法について。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと最近記事更新さぼっちゃったのでできるだけ早く記事更新できるように頑張りますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや~、いまパソコンで記事書いてるんだけど文字打つスピードがスマホより圧倒的に早くなったわ!

快適快適(笑)

 

 

 

 

 

パソコンで初めての記事更新なのでもしかしたら今までより見づらくなってるところがあるかもしれないけど、悪しからず。

 

 

 

 

 

これから練習してもっと見やすくなる記事目指します(笑)

 

 

 

 

ブログの記事URL変えたら、TwitterかInstagramのアカウント作ろうかななんて思ってます。

 

そうすればはてなブログやってない人でも記事更新されたかどうかすぐ分かるし。

 

 

情報発信もしやすくなってブログの認知度も上がるし笑笑

 

まぁまだ検討段階で確定じゃないけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【単語100個も考え方次第】