冨山陽平のブログ🤗

中央大学で国文学を学んでおります。ゆる~~く続けていくつもりです。暇な時に見てくださいな

この時期受験勉強ってなにしてた?〜春〜

受験シリーズ第3回。 いきます。

今回からは季節ごとに自分が何をどう勉強してたのかっていうのを書いていこうと思います。

 

早稲田落ちている身なので反面教師にするところはしてもらって、これいいなって思ったところはぜひパクってください。

 

 

 

 

科目の勉強配分は?

 

僕は日本史選択文系なので、試験は

国語、英語、日本史です。

 

この時期(4〜6月)の科目の勉強配分はというと

英語しかやってません。

 

これはガチです。

しかも英語といっても長文なんて読み始めたの6月とか。

 

それまでは英語の基礎が全くなかったので単語と文法だけを徹底してやってました。

 

この選択をした理由は部活をしてて1日2時間しか勉強時間取れなかったということが大きいです。

 

 

1日2時間しか勉強できないのに国語と日本史も始めてたら1教科に割ける時間って40分だけですよ?

 

 

40分しか勉強できないのはちょっとまずいなと思ったので、1番極めるのに時間かかる英語に特化する作戦を僕は選択しました。

 

 

部活で忙しい受験生とかは英語に特化するっていう勉強法ありだと思いますね。

英語は後回しにしてたら本当に大変なことになるし。

 

ほかの科目は夏とかから始めても差がつかないレベルまでは持っていけるけど英語はちょっときつい。

 

 

元々ちゃんと勉強してて英語の基礎固まってるとかなら話は別ですが、英語が苦手なら英語はまず最初に取り組んだ方がいいと思います。

 

 

 

なんの参考書やってた?

 

僕はこの時期はほんとに英語ができなかった。

どのくらいかっていうと長文の空欄補充の問題とかよくありますよね?

 

f:id:yohei259:20190401185116j:image

こんな感じの。

これは英検準一級の問題らしいんで普通に難しいと思うけど、高校1年のやつとかでもまず選択肢の単語が分からない笑笑

 

 

だから問題解けるわけないんです。

だからまずは単語だってことで単語から始めました。

 

使った参考書はこちら

 

f:id:yohei259:20190401185644j:image

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E8%8B%B1%E5%8D%98%E8%AA%9EBasic-%E9%A7%BF%E5%8F%B0%E5%8F%97%E9%A8%93%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E9%9C%9C-%E5%BA%B7%E5%8F%B8/dp/4796110909

 

 

カバーが黄色いシス単です(笑)

 

こちらはシス単Basicという参考書で普段みなさんが使うシス単のワンランク低いやつ。

1〜300は中学単語とか。301〜はシス単の1章と同じ単語が載ってます。

 

このシス単Basicを最後までやるとシス単の2章まで覚えたことになります。

 

 

シス単と違うところは

  1. 中学単語からやり直せる
  2. 一冊仕上げるという感覚つけれる

 

シス単は2章だと3章〜5章残ってるので2章まで覚えてもなんかまだ本当は覚えなきゃいけないのに。。。って感じになりますが、この参考書は

シス単の2章に当たる範囲で終わりです。

 

なので一冊単語帳覚えきった!!という自信もつけられます。

 

 

最初の頃ってこの感覚すごい大事だったりするんですよね。

 

ペースは1日100個ずつ覚えて4日進んで2日復習1日テストというペースで進んでいました。

 

 

ペースとしては4月末までには終わらせたいかなって感じです。

 

 

具体的な単語の覚え方は今度また記事にしますね。

単語の覚え方にもコツがあるんですよ😁

 

 

文法

とりあえず単語と文法やっとけばなんとかなるだろうって思ったので学校で配布されたネクステージやってみました。

 

 

f:id:yohei259:20190401190740j:image

 

でも全く分からん!!!

解説薄い!! 解説の意味が分からん!!

ぶっとばすぞ!!!

 

ってなったわけです。

そこで一冊参考書挟むことになりました。

それがこちら。

 

f:id:yohei259:20190401191025j:image

https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%B2%A9%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%B0%E3%82%93%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%AE%E8%8B%B1%E6%96%87%E6%B3%95%E3%80%90%E8%B6%85%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E6%96%87%E6%B3%95%E7%B7%A8%E3%80%91-%E5%90%8D%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%8E%88%E6%A5%AD-%E5%A4%A7%E5%B2%A9-%E7%A7%80%E6%A8%B9/dp/4890855890

 

 

大岩の1番はじめの英文法。

これが僕の文法の最初の一冊です。

 

 

これはどういう本かというと、東進ハイスクールの先生の授業で言ってることをそのまま参考書にしたみたいな。

 

 

語り口調で進めてくれるのでスイスイ進みますよ。

 

そしてさすが東進の先生。

解説もとても分かりやすい!!

 

 

 

学校の授業もあんな授業するんじゃなくてこの東進ハイスクールの先生がしてくれたらいいのになんて思ったり…………

おっと誰か来たようだ

 

 

 

 

 

 

話戻します笑

 

正直な話、大学受験の英文法の参考書でこれより簡単な参考書は無いと思います。

それくらい基礎の基礎を書いてくれてます。

 

だからネクステでも大丈夫な人はこれやる必要はないと思います。

 

でも僕みたいにネクステの解説読んでも分かんないみたいな子はこの参考書やるとネクステ解けるようになります笑

 

 

東進の授業とほとんど同じこと書いてるみたいだからね。東進の授業受けるより参考書の方がコスパは良いですよ。

 

参考書が難しいなんていう時代は終わりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

今日紹介した2冊をこの時期ひたすらやってました。

 

おすすめできる層は英語の偏差値50以下の子ですね。

 

僕もこの時期は偏差値44とかだったんで。

 

偏差値50はやることやれば誰でも届くので、まだ50無い子は次の模試で偏差値50を目標にしてみたらどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【単語を覚えたら世界が変わる】