冨山陽平のブログ🤗

中央大学で国文学を学んでおります。ゆる~~く続けていくつもりです。暇な時に見てくださいな

終わりました

入部してから2年間、関東大会目指して頑張ってきました。 しかし今日負けてしまいました。

関東大会出場という夢は叶えることはできませんでした。 ほんとに悔しいです。 終わっちゃった。。って感じ。 

 

この試合の数時間前に女子は接戦を制して体育館行きを決めていたため、「女子が勝ったんだ!男子負けるわけにはいかねぇよな!?」と試合前に先生に言われてました。

 

 

 

 

男女で体育館行って関東大会決めたかった。

応援してくれた女ハン、1年生。そしてベンチに入りたかったけど入れなかった2年生。悔しい気持ちを堪えて応援に全力を尽くしてくれた2年生。 全員に感謝の気持ちと勝てなかった申し訳なさでいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

応援はマジで力になりました。 シュートを決めて帰陣するために振り返ったらみんなが喜んでくれてる。 ナイスプレーが出たらみんなが飛び跳ねて喜んでくれる。

ほんとに嬉しかった。ハンドボールやってて良かったって思いました笑

 

 

仲間の存在ってほんとに大きいですよ。 これをコートで実感できた俺はほんとに幸せ者だと思う。

 

 

 

 

話を試合内容に戻しますが前半はいい流れで勝ってました。 僕もしっかり2点決めましたし笑

相手のキーマンもうまく抑え込んでこちらのペースで試合を運べていたと思います。

 

しかし後半気付いたらあれよあれよというまに逆転され、1点差で負けてしまいました。

 

このブログに以前書きましたが僕は右肩関節脱臼という怪我を負ってました。 それが癖になってて外れやすかったんです。 外れるリスクを負った上で試合に出なきゃいけなかった。

 

外れるかもしれないと思いつつも、後半1発見せてやろうと思いランニングシュート打ったら

案の定肩外れました。 そこから試合に復帰することはできず、気付いたら試合終了のホイッスル。

ほんとにバカなことをしたと思う。 つい頭が熱くなってしまい無理なことをしてしまった。

僕の代わりに入った2年生にはとても申し訳ないことをしてしまった。。

 

 

 

 

 

スポーツにたらればは厳禁ですが"もし怪我してなければ…" "もしあのとき冷静になって無茶してなかったら…"って考えてしまう。

 

 

 

 

 

やっぱりメンタル弱いなー自分。 スポーツ選手としてまだ三流だったってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

でも怪我だったりいろいろな要因はあると思いますが、結局の敗因はやっぱり

自分らが弱かった。そして相手が自分らより強かった。自分たちよりいい取り組みをしてきた。

っていうのが一番だと思う。 

 

やっぱりスポーツの世界って最後はシンプルで残酷だよね。 正直いまはまだ頭が切り替えきれてないところがあるから具体的に何が足りなかったかはまだ考えられないけど。

 

 

 

 

でもまだ引退じゃないからね。一番目指してた大会は終わってしまったけど。

まだ終わりじゃない以上立ち止まってる暇はない。インハイ予選に向けて再出発しないといけません。

 

切り替えないとね。。

 

 

 

 

 

応援してくれた1年生へ

まずはじめに応援してくれてありがとう。

入部してからまだ日数経ってない中応援するのはどこか恥ずかしさとかあったかもしれないけど、それでも応援やりきってくれたのはほんとに嬉しかった。 これからも1年生の力は必ず必要になるから、そのときはまた協力してくれ。

最高な応援をありがとう。

 

 

 

 

 

ベンチに入れなくて、応援してくれた2年生へ

今大会みんなにどれだけ救われたことか…

自分らのやりたいこともやらせて貰えず、先生にも怒られ、もしかしたら練習行きたくないと思ってた人もいるかもしれない。 ベンチにほかの同級生は入ってるのに自分らは入れない悔しさを堪えて応援に全力を尽くしてくれて本当にありがとう。中には俺らのために相手チームの情報分析してきてくれるやつも出てきて、自分の与えられた役の中でチームにたくさん貢献しようとしてくれたこと。本当に嬉しかった。

マジでみんながいなかったら俺らはここまで試合に集中することはできなかったと思う。 それだけみんなの存在は大きかった。 みんなのチームへの貢献度は計り知れないよ。 辛い仕事、やりたくない仕事あったかもしれないけど、引き受けてくれて、チームのために動いてくれて本当にありがとう。みんなみたいな後輩を持てたことすごい誇りに思います。ありがとう、

 

女ハンのみんなへ

まずはじめに体育館出場決めおめでとうございます。 一緒に体育館にほんとに行きたかったけど負けてしまってほんとに申し訳ない。

 

チーム発足当初はなかなか成績が振るわず苦しんだこともあったかもしれないけど、いまの女ハンはマジで強いです。 ほんとに強いです。接戦を2つ制して体育館決めるのはメンタル強いチームじゃないと無理。ほんとにすごい。

 

応援もめっちゃ力になった!ダイナミック琉球も最高でした👍 次の試合必ず男子全員で応援行きます。  関東の夢、女子に託します。

 

 

ベンチに入った2年生へ

正直プレッシャー半端なかったと思う。 決して場数をこなしてたわけではないし。それでも逃げることなく戦い抜いてくれたこと、すごい嬉しかった。

それでもやっぱり関東の壁は高いね。

試合出てたメンツはそれ特に痛感したと思う。

でも2年生のうちにそれを肌で感じることができたのはすごいメリットじゃないか?

試合出れたメンバーは特に。 関東行くことの難しさ、試合に勝つことの大変さ、よくわかったと思う。 それを自分たちの代に伝えていかないとダメだよ。 そうやって代々強くなっていかないといけない。 俺らも残り少しの期間で伝えられることは全部伝えて行くから。残り少しの間で多くのことを学んでほしい。

インハイ予選もみんなの力絶対必要。 プレー面でもチームに引き続き貢献してくれ。よろしく頼むぞ!

 

 

 

 

 

 

3年生へ

 

終わっちゃったな。 入部してからずっとこの大会でベスト4になること目指してやってきたけど。 最後の最後で肩外しちゃってほんと申し訳なかった。

負けたとき、負けた瞬間みんなはどう思った? 俺はめちゃくちゃ悔しかったよ。

それはみんなも同じだと思う。1年生のとき先輩が練習あまり意欲的じゃないところから嫌な思いしてきたけど、俺らなりに練習考えて俺らで残練したり練習前にみんなで練習したこととかすごい楽しかった。このチームなら、こいつらとなら本気でいける! 本気で思ってた。でもやっぱり関東ってそんな甘いもんじゃないな。 先輩たちの偉大さがよくわかるわ。

でも俺は負けてどこか吹っ切れたというか、言い方は悪いけどスッキリしてるとこあるんだよね。 それは関東予選のプレッシャーからやっと解放されるっていう解放感なのかもしれない。 あるいはもうインハイ予選に向けて開き直って頑張るしかないって思ってるのかもしれない。

どっちもあるだろうけどたぶん後者だな。

やっぱりまだ引退じゃないから。もうリスタートしないといけないんだよ! 新人戦で大敗したときの俺らはここでもう完全に折れちゃってた。 練習に出るのも憂鬱になってた。初めてハンドボールのことをもう考えたくないって思った。

でももうそのときから俺らも成長してるから。してないといけないから。技術だけじゃなくてメンタルも。ここで立ち止まってたら新人戦のときの二の舞だぞ。もしまだ敗戦を引きずってて切り替えられないやつがいるなら早く切り替えろ。 出遅れるぞ。もうチームのために俺らが何か残せる期間もかなり短い。ほんとに立ち止まってる暇はないから。

最後にチームのためにできることしよう。関東予選の雪辱はインハイ予選で晴らすぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

肩を心配してくれた人ありがとうございました。 肩の方は大丈夫です。2〜3日すれば練習にも復帰します。

 

 

長い記事読んでくれてありがとうございました、

 

 

 

 

なんか引退したみたいな感じになっちゃった笑